矢部の綱掛け
  矢部の綱掛けは、米や麦が豊作でありますように、また邪霊が、 この村に入らないようにと祈願するお祭りで、江戸時代から続いて いるようです。
 戦前は、地主がお祭りしていましたが、戦後は村中の人が、隣組 単位でお祭りしています。  5月4日、当番の隣組全員で、綱と、各家に配る牛の版画と鋤鍬 の模型を作ります。
 5月5日午前、当屋の家に隣組全員が集まり、自治会役員、僧侶 が参加して会食をします。その後、一同は綱を担いで伊勢音頭で囃 しながら村中を練り歩き、過去一年間に婿嫁を迎えた家、自治会役 員宅、昨年と次年度の当屋宅等に綱を持ち込んで祝い、家の人を綱 で捲きます。 その後、 村の南端小字ツナカケにある木に綱を掛け 、稲苗・御神酒、牛の版画、模型の唐鋤、馬鍬、鍬、鋤を、竹籠に 入れてお供えし、僧侶の読経があります。終了後、牛の版画と鍬鋤 の模型を各家庭に配ります。
※案内板より引用

日時:5月5日 午前11時頃〜12時 
近鉄笠縫駅から西へ約1キロ 矢部地区 <地図>

※開始時間が多少前後することもあります。